DSC_1212

TRAVELUST/ラバリジャケット/藍染


平素より当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、タイへの買い付けのため、7月7日(日)から7月19日(金)までオンラインストアを一時休止させていただきます。
お客様にはご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

               
配送料:全国一律 税込550円(ゆうパック)
              ポストカード・シールのみのご購入の方は、全国一律180円(スマートレター)をご利用可能です。

商品代金合計11,000円(税込)以上は送料無料です。                

遊牧民が身にまとう日常着

インド・カッチ地方に暮らす、ラバリ族の男性民族衣装です。
ラバリ族専門のテーラーに仕立ててもらいました。
現地では上下白色で大きな白いターバンが定番スタイルです。
紐はところどころ結んだり結ばなかったり。
そしてなんといっても後ろのたっぷりギャザーに目を奪われます。
こちらは白のジャケットを藍で染めてもらいました。

紐をすべて結んで民族感を出すのも良し。
前を開けて羽織りにするも良し。
着回しがきく、スペシャルな日常着です。
デニムやパンツ、ワンピースともよく合います!

正面ポケットと内側に隠れポケットの2つ。
彼らのポケットからはよく携帯がでてきて、
ノスタルジックとモダンが入り混じっていてなんだかオモシロイ。

お袖は長いのでお好みの長さまでくるくると巻き上げます。

How to wear?
たくさんの紐でどうやって着ましょうか。
全部結ぶ方法は、
まず内側の2ヵ所を結びます。

次に外側は下の紐から結んでいくとわかりやすいです。
一番上だけ2本と1本を結び合わせます。
(テーラーさん1本お忘れになられていました)
はい、できあがり。

ラバリ族Rabari
ラバリ族は、ラクダ、羊、山羊を飼う牧畜民で、
かつては、パキスタン・シンド、インド・ラジャスタンを遊牧していました。
しかし、イスラームの勢力に押され、
彼らヒンドゥ教徒はカッチ地方に移住しました。
男性たちが放牧に出た後、女性たちは家を守り、
針仕事に精を出し、衣生活を支えました。
ラバリ族の生み出す刺繍は、極限までに抽象化された
独創的な模様とミラーワークが特徴です。

  • Information
  • 素材
    Cotton 100%
    生産国
    made in India
    サイズ
    Size Free
    着丈 59cm
    身幅  49cm 肩幅 53cm
    袖丈 68cm
    アームホール 36cm
    袖幅 12cm
    モデル
    身長 164cm
    備考
    インドで手作業のため一点づつ個体差がございます。 手作業で縫製、染めをしており、細やかな繊維の混入や糸つれ、染むらなど生産上避けられないため、当店では正規品として取扱いさせて頂いております。これも味わいと楽しんでいただけますと幸いです。また、お使いのパソコンモニター、スマートフォンの機種によって、実際の色味と若干異なる場合がございます。 予めご了承ください。